DOG SHOW(ドッグショー)
最終更新日:2006年8月25日
2013年11月10日:一般公開

 スポンサード・リンク
 


コリーを出陳可能な2つの犬種団体(他にPDもありますが、当犬舎ではPDの
血統証をお渡しする事はありませんので省きます)のドッグショーについて。

本来は、各犬種の改良と発展の為に開催されるのがドッグショーです。
一般に「チャンピオンです。」と言う場合は、容姿美しさを競うドッグショーでの
チャンピオンを指します。




■ドッグショーのチャンピオンタイトル(コリーに関して)と、その読み方

JKC(ジャパンケネルクラブ)の
チャンピオンタイトル
JCC(日本コリークラブ)の
チャンピオンタイトル
外国(アメリカ、カナダ)の
チャンピオンタイトル
JKC−CH
ジェイケイシーチャンピオン
JCC−S−CH
ジェイシーシーショーチャンピオン
AKC−CHまたはAM−CH
エイケーシーチャンピオン
またはアメリカチャンピオン
INT−CH
インターナショナルチャンピオン
JCC−CH
ジェイシーシーチャンピオン
CKC−CHまたはCANーCH
シーケーシーチャンピオン
またはカナダチャンピオン
JCC−G−CH
ジェイシーシーグランドチャンピオン
JCC−G−D−CH
ジェイシーシーグランドデュアル
チャンピオン


★JCCにもINT−CHがあります。JCCの場合は、外国のCHがJCC−S−CHまたは、
 JCC−CHを完成した場合に、インターナショナルチャンピオンとなります。
★JKCのINT−CHは、JKC−CHがキャシブカード(FCIでのBOBに授与)を4枚獲得した
 場合に、インターナショナルチャンピオンとなります。



■ショーの開催期と風景のスナップ写真、本部展の開催時期

 JKCのドッグショー  JCCのドッグショー
1年を通じて、どこかで開催されています。 前期:2月〜6月  後期:9月〜11月

プロハンドラーが多く、ネクタイ着用がほとんど。

アットホームな雰囲気で、ラフな格好の人が多い。
FCIアジアインターナショナルドッグショー(本部展)
3月末か4月初旬
本部展
12月の第1日曜日(たまに5月頃に開催)



■チャンピオンタイトル未完の犬の出陳クラス(組)区分&その出陳許可年齢(資格)
(注)JCCの規定が2003年1月より変更になりました。正確な情報を入手次第、更新します。

JKCのドッグショー(♂♀別々にクラス分け) JCCのドッグショー(♂♀別々に組分け)
ベビー:生後4ヶ月1日以上6ヶ月以下 幼犬:生後6ヶ月以上9ヶ月未満
パピー:生後6ヶ月1日以上9ヶ月未以下 未成犬:生後9ヶ月以上12ヶ月未満
ジュニア:生後9ヶ月1日以上15ヶ月以下 成犬A:生後1年以上2年未満
ヤングアダルト:生後15ヶ月1日以上24ヶ月以下 成犬B:生後2年以上
アダルト:生後24ヶ月1日以上 一般:生後6ヶ月以上
自家繁殖:ブリーダーが名義変更していない
  自分の繁殖犬を出陳する際、各年齢区分の
  クラスの自家繁殖クラスに分類される
自家繁殖:ブリーダーが名義変更していない
    自分の繁殖犬を出陳する場合
    生後6ヶ月以上
特別:ウィナーになった経験のある犬達 ♂♀
   別々に審査される


★JCCでは、幼犬、未成犬、成犬A、成犬B、一般、自家繁殖組を、まとめて普通組
 言います。



■ドッグショーでよく耳にする用語と、その説明
(注)JCCの規定が一部変更になっていますが、まだ新しい規定集を入手していませんので
 古い規定集より掲載しています。新しい規定集が入り次第、書き直します。 2003年2月2日

JKCの場合(単独システム以外) JCCの場合
ウィナー:同一犬種の各年齢区分クラスの
    1席犬の中のトップ ♂はWD、♀はWB
ウィナー:普通組のトップ、
  ♂はWD ♀はWB
BOB:同一犬種のウィナーとCH達とを合わせた
  中のトップ、♂のBOBと♀のBOBあり
特別犬:ウィナーになった経験のある、
  CHタイトルが未完成の犬
EX:エクセレント 犬種グループに関係なく、
  全犬種(通常で80犬種くらい)のBOB達の
  中より、♂♀それぞれ13頭ずつが選出され、
  EXGエクセレントグループとなる。(クラブ展) 
優秀犬認定証:特別犬組で優秀と認められた
  犬に与えられる。4枚集まればJCC−S−CH
  訓練試験でCDPにも合格していれば
  JCC−CH完成
BIG:同一グループに属するBOB達の中の
  トップ犬 ♂のBIG達からKING、♀のBIG達から
  QUEENが選ばれる 小さいショーではBIGの
  選出なし
チャンピオン犬組:JCC−S−CHそして
  JCC−CH達と、当日の最優秀の
  特別犬が出陳される組 
  ♂♀別々に審査
CC:Challenge Certificate:
  クラブ展で、CHではない犬(同一犬種同一性別)
  3頭以上の中から選ばれたウィナーに授与
  3CC+1MCC(MCC1は必須)で、JKC−CH
  完成(異なる審査員)
チャレンジサーティフィケート:CH組で優秀と
  認められた犬に授与。5CC(チャレンジ
  サーティフィケイト5枚)集めた上で、
  CDP、CD1次2次に合格していれば、
  JCC−G−CH完成
MCC:Major Challenge Certificate:
  連合・FCI等の大きいショーで、CHではない犬
  (同一犬種同一性別)3頭以上の中から
  選ばれたウィナーに授与
グランドチャンピオン犬組:JCC−G−CH達と
  当日の最優秀のCH犬が出陳される 
  ♂♀混合で審査 
KING:当日の出陳犬の♂の最優秀犬 BOB:ベストオブブリード 
  グランドチャンピオン犬組の最優秀犬 
QUEEN:当日の出陳犬の♀の最優秀犬 BOS:ベストオポジットセックス 
  BOBが♂ならば♀の最優秀犬、BOBが
  ♀なら♂の最優秀犬が選ばれる
BIS:ベストインショー 当日の出陳犬達の中の
  最優秀犬
  KINGとQUEENとで競います
BIS本部展の時のみ選出
  コリー、シェルティ合わせた中の最優秀犬



JKCにおいて、出陳頭数の少ないコリーが、CHを完成する方法
  @同一犬種同一性別で、CHではない3頭以上の出陳がある場合のトップ、つまり
   ウィナーになれば、1CCを獲得。それを4回。
   但し、連合展以上の大きいショーでのMCCが1枚以上必要です
   CC、MCCの有効期限は4年。
  A1頭のみの出陳も珍しくないので、その場合は、出陳の時点でBOBになりますが、
   エクセレントに選出された時点で、1CCです。
   他犬種のBOB達(外国CHも出てきます)と競わねばならないので、なかなか大変です。
   プロハンドラーの力を借りた方が有利です。この場合も有効期限は4年。



■チャンピオンの格付け(ラフコリーの場合)


大雑把な見方ですが、最も犬質(容姿の美しさの点で)の高いのが、AM−CH
その次がCANーCH、そして、国内CH(JKC−CHやJCC−G−CHなど)です。
もちろん例外もあります。
コリーの場合、ゴールデンやラブラドール、ボーダーコリーのように、イギリスや
オーストラリアの血液を導入しようとする動向は皆無に近く、国内で販売されている
オーストラリアCHの直子は、珍しい犬を高く売りたい業者筋の輸入繁殖した犬達であり、
ブリーダーの繁殖ではないでしょう。

(注)ペットショップや繁殖業者も、自分達は“ブリーダー”だと名のりますが、
  その繁殖目的が、犬質の改良を無視した多売のみである以上、本当の意味での
  ブリーダーではありませんので、子犬の購入時は、その点を考慮して下さい。
  「特徴と購入&飼育費」のページを御参照下さい。



 ラフコリー専門ブリーダー
AIRWOMAN COLLIES
http://airwoman.if.tv/



 「トップページ」へ